ホームページ制作会社のサイトでよく目にするValid XHTML 1.0 Transitionalこのバナー、これっていったい何?
と思った方も多いと思います。

実は、ホームページを制作する上で利用される技術の標準化をすすめる団体があります。
それが、W3C(ダブリュースリーシー)という団体です。
WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって、1994年10月に発足した。

基本的に、ホームページの制作会社は、W3Cの決めたルールに基づいてお客様のホームページを制作していおります。
また、W3Cのサイト上でチェックを受けて、合格したサイトが上にあるようなバナーを使用することが許されています。
唐突な質問ですが、皆さんがもし家を建てるとしたら、基礎がしっかりしていない家に住みたいと思いますか?
またそのような仕事をする会社に仕事を任せたいと思いますか?
建てるだけ建ててアフターが悪い会社に頼みたいと思いますか?

ホームページの制作についても同じことが云えると思います。
ホームページを制作するうえでのルールは変化していくため、常にトレンドに敏感な業者を選ぶことが
ホームページの制作会社を選ぶ上で、W3Cのルールに則った形でしっかり制作してくれる業者を選ぶことをお勧めいたします。